知ってた?江戸時代の武士もメンズ脱毛してたってよ

シェアする

脱毛の歴史は江戸時代からあった!?

脱毛の歴史は江戸時代からあった!?

メンズ・男性の脱毛の歴史は、実は意外と古いんです。なんと、江戸時代からすでに男の脱毛という文化は存在していたというから驚きです!

という事で、今日はメンズ脱毛は江戸時代からあったという事で、実際にどんな形で脱毛していたのか?等その方法や処理事情をまとめようと思います。

昔でも男は脱毛・体毛処理していた!?

当然その時代には、カミソリなどはありませんでした。ましてレーザーや医療脱毛まして、光脱毛などはあるわけがありません。

では、その時代の男性はどうやって脱毛を行っていたのかという事ですが、「軽石」を使って脱毛をしていたそうですよ。

ちょっと表面がざらざらしている石なのですが、あれで全身の体毛の除去・脱毛をしていたのだそうです。ちょっと痛そうですよね・・・。

VIO脱毛を軽石でやってたらしい

あの時代の男性が特に力を入れていたのは、VIOゾーンの脱毛です。あそこの毛がはみ出ているとあまり見栄えが良くありませんので、軽石を用いて丁寧に手入れをしていた男性が当時は多かったのです。

特に武士の方々などは、そこを非常に丁寧に手入れをしていたと言われています。武士は身だしなみの気の使い方も意識高い感じだったんでしょうね。

それにしても軽石で身体をこするのは、やわらかい皮膚の部分ほど痛みも伴うと思いますが、我慢しながらじっくりと時間をかけて処理していたんだと思います。僕はとてもじゃないけど、無理です(笑)

現代は光脱毛や自己処理(カミソリ・シェーバー)が主流

もちろん現在の男性は、軽石で手入れをする事はまずありませんね。

シェーバーやカミソリなどを用いるケースが一般的ですが、最近ではエステなどに行く男性も増えてきています。もちろんお店では、光や医療(レーザー)などを用いて体毛の除去する事になります。痛みに関しては、麻酔(医療脱毛のみ)が使われたり光脱毛だと、そもそも痛み自体が弱かったりと、むかしに比べて誰でも簡単に脱毛ができる時代になりました。

それにしても江戸時代のメンズ脱毛は、さぞかし大変だったでしょう。というか男性が脱毛という考え方を持っていたのかというと、普段のヒゲ剃り等とかわらない感覚で行っていたのかもしれないですね。

それに比べればシェーバーや光など、現在の男性の脱毛はだいぶ進歩したものだと思います。

シェアする

フォローする